2014年10月06日

「置かれた場所で咲きなさい」

とは、ノートルダム清心学園のシスター
渡辺和子さんの著作にもなった名言のひとつです。


ツライことがあったり、苦しい局面にあったとしても
今の自分の居場所で、精一杯生きなさい


といった意味合いの言葉ですが、
環境に不満のある時にきいても
なかなかストンとは心に落ちないですよね。


でも、今回それを
息子に教わることになりました。


10-2.jpg

足を骨折し、運動会でみんなで踊るよさこいに
参加できなかったにも関わらず、
入退場の太鼓を精一杯叩き、


10-1.jpg

翌週にあった市の祭りでも、
踊るみんなの後ろから、掛け声のみでの
参加だったのに、その姿は全力でした。


置かれた場所で、見事に咲いていたよ。
ありがとう。
posted by いっぴん堂 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407341977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。