2012年11月02日

美味しいみかんの見つけ方

おはようございます♪

和歌山のみかん大好き!
べっぴん堂です☆

今年はみかんが豊作です〜。
雨が多かったので、小ぶりではありますが、
酸味と甘味のバランスの良い
美味しいみかんが出回っておりますよ〜ぴかぴか(新しい)

さて、美味しいみかんの中でも
特に美味しいみかんはどんなみかんか知ってますか?

201211001MIKAN.JPG

では、右と左のみかんではどっちだ〜?
【右】
201211001MIKAN (2).JPG

【左】
201211001MIKAN (1).JPG

正解は


【右】で〜す!

201211001MIKAN (4).JPG

ではこちらでは?

正解は【左】のみかんで〜す!

どうしてかというと、
見分け方があって、
「痘痕(あばた)もえくぼ」という
言葉がありますが、
ちょっと皮のでこぼこした方が
美味しいんです!

201211001MIKAN (3).JPG

お肌がつるつるよりも
キメの荒くてボコボコな方が
美味しいんですね〜。

農家さんでおみかん取りの
お手伝いをさせてもらった時に、
教えてもらいました〜(^V^)V

なので、おみかん食べる時は、
ちょっと見比べてみてください。
1〜2個は必ず入っていると思いますよ〜♪
ラベル:和歌山 みかん
posted by いっぴん堂 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

消防団活動の後始末

いきなりですがクエスチョン。

消防車などの使うホース、

利用後はどうしていると思いますか?



答えは「干して片付ける」です。


そんなワケで、昨日のホースを干し場から回収して
巻き直して片付ける・・・という後始末を
行ってきました〜〜〜♪


ちなみにウチの班の干し場はコチラ☆


IMG_8700.jpg

山間の村ならではの場所です♪

=−=−=−=−=−=−=−=−=−

posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

消防団の合同訓練に参加してきました。

「消防団なら先週行ったろ?」

と思ってくださった方は、
ウチのことをよく覚えてくださってる。
ありがとうございます♪


19日にあったのは分団の東班による単独訓練で、
この日に行ったのは分団の合同訓練です。


IMG_8694.jpg

山奥の分団がカヴァする地域は広く、
うちの場合は5つの班に分かれています。

それらが協力して1本のホースを繋いでゆくのですが、
だいたい1班につきホース5本分を担当します。

ご存知の方もあるかと思いますが、

消防のホースは1本20mなので

20m×5本×5班=500m
ほどを引っ張ってくる計算になります。


もちろん、各班ごとに布製の水槽で水を受け
そこからふたたびポンプで汲み上げるのですが、

上に行くほど水量は乏しくなり、

なかなか調整が難しい
ものです。


訓練自体は1時間ほどで終了。
日暮れが早いので、ちょっと短めではあります。

(夜間に備えた訓練もあるのですが、
投光機などいろいろ準備が必要なので
今回はせずにおきました)


IMG_8695.jpg

終了後、私が入団して以来初めて
新しいホースが届きました〜〜♪

(なぜカラーホースなのかはまたの機会に☆)

=−=−=−=−=−=−=−=−
posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

庭先菜園6期目くらい?

IMG_8699.jpg

たぶん6回目の苗入れになる庭先菜園。
(菜園作成4部作、この機会にぜひ!→http://4652.seesaa.net/article/35789615.html


今回は左から

白菜・白菜&高菜・高菜・タマネギ

という構成になっております。

「もう畑の写真ばっか飽きたちゅーねん」
とお思いでしょうが〜。。。)


いつもと違う点としましては

100%頂き物の苗を植えております☆

肥料もやらないので、0円菜園です。


大阪の河川敷で、

なぜかナスやトマトが出来るのと

同じ仕組みです!


(違います)



あれは誰の土地で、

誰が食べるのでしょうか?


(これ以上アブナくて言えませんが)



IMG_8688.jpg

気をとりなおして、
イチバン結球の進んでいる白菜さんのアップ♪

ぴかぴか(新しい)美人さんですねぴかぴか(新しい)


殺虫剤は使わないので、コーヒーの出がらしで
追い返すとしましょうか♪

=−=−=−=−=−=−=−=−
posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

消防団の定例会♪

団員として、行って参りました☆

大雨警報出てましたが、

そもそも災害時のための団なので

訓練とはいえ中止になどなりません。


IMG_8629.jpg

ただし、ポンプ車の水源は基本的に
川の水などですので、増水して濁っている常態では
くみ上げできません。
(目詰まり起こして壊れてしまうのです)

消火栓の見回りと、新たな土砂崩れがないか
パトロールさせてもらいました。


気付けば消防団も5年目を半分過ぎました。
なんだかんだで、けっこう永く
この村に住んでいるのではないでしょうか〜?
(モチロン今でも新参扱いですがー)


=−=−=−=−=−=−=−=−

posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

文化作品展の設営をつとめました☆

祭りが終われば、今度は地域の文化展です☆

地域の行事としては、いまひとつ関心が低く
会場が息子の通う小学校の体育館という
地味さがあるのですが、


ハッキリ言って、

出品者のレベルは高いです。



IMG_8327.jpg

免状持ちの先生による書写に始まり



IMG_8319.jpg

ちぎり絵



IMG_8325.jpg

友禅紙の貼り絵


IMG_8318.jpg

革加工品


IMG_8324.jpg

巨大パッチワーク


IMG_8316.jpg

紀州手まり




子供たちだって負けてはいません。


IMG_8315.jpg

中学生が毎年育てる菊の一輪咲き
(今年はあたたかな秋だったので、生育はこれから)


IMG_8314.jpg

小中学生による、
郡の美術展に出された絵の数々


こちらのエントリィで紹介した絵画展ですが、
息子の「いもほり」も写っているのが分かりますかね〜?


他にも、授業で作った竹の笛、
夏休みの課題で提出したアイデア貯金箱や
自由研究の数々もありました。
(搬入が遅れたので、残念ながら撮影はできず)


IMG_8326.jpg

夏休み切絵教室で作成いただいた竜胆も、
四株も登場しました♪


IMG_8328.jpg

私も、応援結び絵から「あ行」の5枚
展示させてもらいました。

本当は残る10点を仕上げて
70連作全部出してしまいたいトコロですが、
そんなにたくさんフレームないですし
私の作品展になっちゃいますからね〜〜あせあせ(飛び散る汗)


そうそう。
息子は学校からの出品に加えて、
紙芝居を出しておりました♪

IMG_8323.jpg


これもやはり台風の影響か、
今年は作品の集まりがいまひとつでも
ありました。

でもその分、来年に闘志を燃やしている人も
存じ上げておりますので、
また楽しみにしたいと思います♪


作品展の会場は金曜日と日曜日に開放され、
日曜日は子供たちの学習発表会も
同時に開催されます。


=−=−=−=−=−=−=−=−

posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

打ち上げ

祭りが終われば、
翌日には撤収が待っております。

境内の幟を片付け、トウヤの幟と提灯を片付け、
トウヤさんでもう一度踊ったら、
地域による打ち上げです〜〜〜☆


・・・って、まだ飲むの?

みんなホントに元気だなぁ。。。



この日は本当に大騒ぎで、
途中、西の会場にお邪魔したりしつつ
7時間以上におよぶ長丁場となりました。

地域の奥様がたにより、さまざまなご馳走が
手作りで用意されたのですが、
何がイチバンおどろいたって


IMG_8268.jpg

でっけぇ鯛の姿づくり!
(しかも二尾いたんですよ)


IMG_8280.jpg

モチロン、後でアラ炊きをこさえて
もらいました〜〜♪

こういうコトが出来る女性って、
やっぱカッコエエですわ。
(自慢ですが、妻もやれます☆)



さてさて。
長かった祭りも、これで本当におしまいです。
ようやく肩の荷がひとつ降りました。

まぁ年内にもうひとつ、
地域の肩の荷が私はあるんですけどね〜〜〜


=−=−=−=−=−=−=−=−

posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

大祭 本宮

長野八幡神社大祭
いよいよ当日の本宮(ほんみや)です。

お仕事にも集中しきれないほどの忙しさも
今日で終わるかと思うと、

「乗り切った〜〜〜」という感覚が
強まりますね♪

(今年は特に、途中からの
 「まかないさん」引継ぎもありましたし)


IMG_8242.jpg

踊りは14時過ぎからで、
袴の着付けはその90分前から始まるのですが、

まずは終了後の宴会の準備です。
いただいている区の予算もだいぶ寂しくなってきましたが、
本日で最終なので、マイナスにさえならなければ
OKです。

(終わってみたら、残高32円でした。あはは。
 歴代でイチバンぎりぎりまで行かせてもらったかもですあせあせ(飛び散る汗)


IMG_8247.jpg

当日は十年以上ぶりの小雨模様でしたが、
踊りを奉納して30分もしない内にやんでしまい

まさに「こうかは ばつぐんだ」状態です。


IMG_8253.jpg

奉納の後は、子供神輿が運んでくれた樽酒をひらいて
成功をお祝いいたしました。

音頭取りさんによる

「今年の太鼓は二人ともサケ弱いんで

 手加減よろしく」


というスピーチに、踊り子・保存会一同、
緊張からほどけた笑顔がこぼれました。


IMG_8255.jpg

IMG_8258.jpg

長野はかつて山間に段々畑の広がる土地で、
もともと米の収穫を祝う祭りでした。

その水田もみかん畑に変わり、
みかん畑の多くもまた、梅畑へと変わり、

いまでは長野の東地区、西地区には水田がありません。


その意味では
祭りの時期も変えるべきなのでしょうが、

観光客を呼ぼうという意識などではなく

「祖父母も祝った収穫祭を守りたい」という

思いがある限り、長野の祭りは

これからもずっと、11月3日に行われる
ことでしょう。


=−=−=−=−=−=−=−=−

posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

大祭 宵宮

先月よりちまちまとご報告していた
長野八幡神社大祭も、いよいよ宵宮。


IMG_8234.jpg

すっかり日の暮れた境内に、
OBさんによる保存会メンバーのお歴々に混じって
若い二人の影があります。

これが今年の音頭取りさん音頭分けさんです。


IMG_8235.jpg

踊り子たちに先駆けて社務所入りし、
練習用とは異なる、本番で使う太鼓の紐を締め直し、
ぱんっ!といい音が出るよう調整をするのです。

(ふだん、長野八幡神社は無人で、大祭の日などには
 ふもとの神社さんから神主さんをお招きいたします)


IMG_8238.jpg

社務所には約20年以上にわたり、
奉納後の記念撮影をした写真が飾られ続けています。

(残念ながら、それ以前には撮影しておく習慣が
 なかったそうです)


IMG_8237.jpg

平家物語にも登場する弓の名手

那須 与一(なすのよいち)終焉の土地・・・


「というコトになっている」
ので

与一の使ったとされる弓や、彼の活躍した場面の絵も
飾られています。



「そんな伝説、きいたコトないぞインチキめ!」

はい。その通りですあせあせ(飛び散る汗)


これは、50年以上も前に当時の村のエライさん(?)が
さまざまな困難に苦しんでいた村を活気付けようと、

「ふもとが『弁慶さんの生まれた土地』というコトで

 活性化しているんだから、

 ここもあやかって与一さんの土地にしようグッド(上向き矢印)


と、あやかって決めたそうです。
(大らかなモンですねあせあせ(飛び散る汗)


モチロン、意味もなくホラ吹いただけなのではなく、
村には驚くほど『那須姓』が多く
与一にゆかりの者の名も無き墓があるそうです。

(ごめんなさい。何度もきいてるのに、
 アタマがスポンジで覚えられないんです。。。)


IMG_8240.jpg

太鼓の音が整う頃、
踊り子たちも集まりだしました。

さぁ。宵宮の奉納とまいりましょうexclamation&question



・・・・・・・・と、いいつつ、

私も踊らなきゃなので、

今日も明日も本番の写真は

ないんですけどね〜〜〜〜〜
たらーっ(汗)


=−=−=−=−=−=−=−=−

posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

いよいよお宮さんの幟立て!

このところ続けてご報告中の

長野八幡神社大祭ですが、
11月3日の本番を前に境内の幟立てが行われました〜☆


集合は朝7時!
朝の苦手な私には、かなりキツイものがあります〜〜。
(たんなるモノグサです。ええ)


IMG_8209.jpg

で、案の定(?)15分遅れてご到着。
すでに3本の幟が立っておりました〜〜。

・・・が、
これはOBさんを中心にした作業なので
少々ゆるっと遅れても、さすがに怒られません。
(会社勤めの方はほとんど来れませんし)


どころか今年はやたら歓迎されます。

アレ? と思って境内を見渡すと、
いつもは20人から集まっているメンバーが
半分ほどもいないではありませんか。

ほわっつはぷん?
いったいなにが???


IMG_8210.jpg

理由は、この秋に和歌山県南部を襲った
台風12号に関連しておりました。

畑や道路、家屋や人命にまで被害の及んだ台風から
ほんの2ヶ月なのに、
果たして収穫祭など行っても良いのだろうか?
(幸い、この村では生命まで奪われはしませんでした)

この問題に、地域は大きく揺れました。


結局のところ、氏子の会や各区長さんの協議で

「この祭りをもって、自粛を終わらせよう」

とあいなったのですが、
それを飲み込めない事情の方も
やはり大勢いらっしゃったのです。


モチロン、そういった意識表明も
否定されるべきものではありません。

私は、私にできることを
させてもらうだけです。



・・・とまぁ、珍しくマジメなコトを描いていると、

ぱかーーーん!!

旗竿の一本が裂け飛んでしまいました〜〜〜。

IMG_8211.jpg

こういった竿は、水気の多い青竹では
自重のおかげて強風に折れてしまうため
乾かした竹を使います。

スグに調達できないぶん、
予備が必ず用意されてありますので
慌てずそちらに差し替えます。


というか、最近このテのハプニングがないと

このBlogじゃないような気にすらなってきます。


慣れってコワイね☆


IMG_8212.jpg

少人数とアクシデントのおかげで
いつもの倍以上時間がかかってしまいましたが、
無事に八本立ちました♪

さーあ。今年も無事に勤まりますように。


     かわいい   かわいい   かわいい   


IMG_8220.jpg

そうそう。
夜はかわいいオバケたちがお菓子を集めにやって来ましたよ♪
(当然のようにヨメの発案なのですが〜)

息子が開いてるのは
怪物百科のような絵本です♪


=−=−=−=−=−=−=−=−

posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

お礼を迎え撃つ☆

先日の社会見学さんが、わざわざお礼に来てくれるという。

ならばコチラも、
それ相応の用意をしなくてはなるまい!

・・・というコトで、
切絵のお店らしく、ハロウィンのカードを作ってみました♪


IMG_8145.jpg

ヨメと二人で、朝からジャック・オ・ランタンを
ずばずば切ります


IMG_8146.jpg

1年生2名、2年生5名、引率の先生2名、予備1で
計10点、チョロイもんですよ。
(感覚がマヒしています。あはは)


IMG_8147.jpg

表から見える黒い文字は
モチロン切り抜かれていて、下の絵にあった
黒い部分が透けて見えています。



IMG_8172.jpg

お礼に持ってきてくれた作文と、

IMG_8150.jpg

おみやげにくれたスイートポテトです♪
野外学習で掘ってきたさつまいもを
調理実習で変身させたそうです。スゴイ☆


IMG_8148.jpg

お帰りになる児童ご一行様♪

左手が1.5m以上ある段差なのに
ふざけようとしていた黒い服の子を
カヴァしている赤いシャツが息子です。

仕切り屋で心配性なのは
誰に似たのでしょうか?(すっとぼけ)



IMG_8156.jpg

ちなみに、
帰宅後にあけてみた息子のアメは
金箔入りのプレゼント大あたりプレゼントでした。

やるな、息子よ。

=−=−=−=−=−=−=−=−


posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

子供神輿を飾って来ました☆

IMG_8143.jpg

地域の収穫祭で踊りを奉納する一人であり、
その練習中のまかないを補佐する立場でもある上に、
家では小学生の子を持つでもあります。

そんな次第で、親としての祭り参加部分、
子供神輿の飾り付けに行って参りましたよ☆


神社の社務所から小学校までおろし、
(当日は小学生が神社まで担ぎ上げて行く)
花飾りも、紅白の紐も、持ち手に紅白の帯も

父兄代表の7〜8人で、
1時間ほどかけて仕上げてきました。


ホントは納期ぎりぎりの結び絵もあったので
(こう見えて毎日仕事もしています!(笑))
最後まで居るつもりはなかったのですが、

だんだんに仕上がる神輿の姿に

立ち去りがたくなってしまいました〜〜。

結び絵も早く、そのくらいまでの品格にならねば)


当日は住吉踊りに参加するので
彼らの御神輿さばきは見られないのですが、
頑張って神社への坂を登ってきてね♪


踊りの後であける樽酒っも一緒だし☆

(そっちが目的かい!)

=−=−=−=−=−=−=−=−


posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

トウヤ入り

IMG_8077.jpg

神社に関連する祭りや神事では
「トウヤ」と呼ばれる中心的役割を果たす家が存在します。

トウヤでは細々とした内容をつめる寄り合いが行われ、
期間中は家を開放し続けることも珍しくはありません。

タイヘンな一方で名誉なことでもあり、
新築の家で行えば、家にとっても縁起が良いとして
かつてはトウヤをつとめることは
憧れの対象でもありました。


IMG_8078.jpg

・・・そんな時代から世は移ろい、

大人数をいつでも迎え入れられる家も減り、
祭りや神事は町内会や保存会が仕切ることも増え、
トウヤの器には
公民館などが選ばれるようになりました。

村の過疎化も理由のひとつです。


IMG_8075.jpg

私たちの村では、
十数年前から「立候補のない年は、集会所をトウヤに」
という取り決めになったようです。

今年は立候補がなかったので、集会所で行います。


そして今日はそのトウヤを開ける日
「トウヤ入り」となります。

村の男が何人か寄り合い、
トウヤの証である幟を立て、提灯をともしました。


IMG_8079.jpg

和歌山県の無形文化財「住吉踊り」
トウヤに納めるため踊らせてもらいました。

神社で舞う当日は袴を着用するのですが、
今日は保存会さんがお持ちの法被をおかりしました。

小道具となる太鼓や扇、笹の葉も
練習用のものを使用します。


IMG_8082.jpg

踊った後には関係者をあつめての
懇親会です♪

お料理のほとんどは、
その年に町内会の役にあたったお宅の奥様方による
手作りです。

町内会の役は輪番なので、作ってくださるか
買って来られるか、その時までわからないのですが、
今年はたいへんに頑張ってくださいました。

改めて御礼申し上げます。


IMG_8084.jpg

珍しい品としては
ミョウガのお寿司が出ました。

さっぱりとさわやかなお味でした♪


IMG_8085.jpg

村の祭事や町内会の活動などは、

都会に住んでいる人から見れば、
ちょっと参加をためらうものかも知れません。


そんな風に言うと「人と人の付き合いが希薄な世代」
なんて誤解を受けることもありますが、

カレーに毒物を入れて、不特定多数へ大きな被害をだすような
陰惨な事件が起こるような中では
なかなか近所だというだけで信用にはならないと思います。


それでもなお、大多数の人は
個人的に知り合えば気のいい人たちばかりです。

そんな人の間をどうやって結んでいくか、
自分の仕事からの視点も交えながら
考えさせてもらった夜でした。
posted by いっぴん堂 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

始まりましたよ「住吉踊り」

sche.jpg

和歌山県の無形文化財
に指定されていながら、
こっそり(?)続けているため知名度のいまひとつな
わが村のお祭りで奉納する
『住吉踊り』の練習が始まりました!

ご覧の通りのハードスケジュールなのですが
(これでも今年はたいへん少ない練習回数)
さらに本年は、
まかない補助を勤めさせていただくため、
冗談ごとではない慌しさになる予定です☆

うひー。
posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

全線開通〜〜〜☆

この秋、和歌山を襲った
大きな台風のつけた爪痕のひとつであった
村内の通行止め道路最後の一箇所が
とうとう開通しました〜〜〜♪
(ぱちぱちぱちぱちぱち)


最後まで通れなかったのは、
アスファルトがばっきり割れていた
Bルートでした。
(他所の人では思いつかないような迂回を
 1kmほどすれば使えたんですけどね)


なまなましい箇所は映さないとして、
通行止め看板の撤去跡をどぞ♪

IMG_8038.jpg


まぁ、この場所から首を90度ひねれば
そこはなまなましい世界なんですけどね。

IMG_8040.jpg


結び絵の出荷をお願いしている
ヤマト運輸さんに行くには
このルートがもっとも便利なので、
復旧は心からありがたいです♪

ありがとうございました。


夜、地域のおとうちゃんに
なぜか生栗食べさせられたよっ☆

IMG_8041.jpg
posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

開通〜〜〜♪

ざっくりと申し上げまして、
私たちの住む村から出るには3本の道路があります。

○まっすぐ麓へ向かうAルート
○迂回して反対に出るBルート
○奥の集落を経由するCルート


9月20日の台風で
Aルートが埋まってしまったのですが、
このたび何とか開通いたしました〜〜〜♪


IMG_7812.jpg

今回の災害は
本当に悲しい被害が村のあちこちに起こり、
移転してわずか数年の私たちですら胸が痛み
心の整理なんてぜんぜんつきません。

こうしてBlogに明るく書くのも
外部の方からすれば
不謹慎極まりないものなのかもしれません。


しかし村では少しずつ時間が動き始め、
気持ちは落ち着かなくてもご飯は食べよう
という「明日を見るチカラ」
生まれなおしています。

それらを表明するためにも、
少しずつ、村の様子にも触れていこうと思います。
posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

かわりだね

彼岸花といえば、通常は赤い花が咲くものですが
ウチの庭には、変り種として毎年白いものが咲きます♪

IMG_7695.jpg

「お店に見えないです〜〜」
と言われ続けてる変り種の私たちには
似合ってるかもですね♪



さらに今年は散歩の途中にピンクの彼岸花も
見つけちゃいました☆

IMG_7702.jpg


『世界にひとつだけの贈り物』

提供し続けている私たちですから、これからも
変り種でいこうと思います〜〜〜♪


=−=−=−=−=−=−=−=−=−=−
posted by いっぴん堂 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

他人事ではない災害

まずはご心配をおかけしている皆様に、
私達は無事におります。安否を気遣うメールやお電話をいただき、
本当にありがとうございます。


http://www.tvkanazawa.co.jp/nnn/i/news89020698.html

うちの隣の集落です涙


まだ行方不明の家族も知っていて、
本当に早く見つかってほしいと
心から祈って、ただ祈るしかできずに
悶々としています。


普段は少々の台風や豪雨でも、
ここまで酷くはないけれど、
年々近隣の山が崩れたり、
道を崩れた土砂が流れたりと
色んな兆候というか、そういうことがあります。
雨の量も多いし、
地震で地盤が緩くなっているのかも
しれません。


一昨日の夕方までは、
私も心配してくれてる人達に、
大丈夫ですと返事をしていましたが、

夜半から、雨が半端なく、本当に空から滝が降っているかのように
降り続いたかと思うと、
田辺を走る二本の川が上がってくるかもということで、

うちの地区より下が広範囲で避難勧告が出ました。


うちの地区は川よりも高い場所にあるのですが、
やはり川は増水し、
9時頃には
夫も消防団の出動要請があり、
出ていきました。


たぶん、今日中には帰れないと思いながら、
息子と二人、とても不安でした。

家の庭先は山から流れる沢になっており、
下へ急勾配で落ちるので、
溢れる心配はないのですが、
頭の中では、瓦が飛んだり、
古い家なので、地盤が緩んで倒壊しないかとか、
上の方から滑落があれば、
梅畑でクッションになるけど、
それでもわからない…


万が一の場合、寝ている息子をおぶってでも

逃げるシュミレーションを
何度も何度もせざるを得ないほど、

それくらいの雨の量だったのです。


夜中3時過ぎにやっと夫が戻り、

話を聞くと、


隣の地区の応援に、土嚢を手伝いに行って、
帰ってきたら、
さっき通って下りた道に冗談じゃない、でっかい岩や土砂が
県道に崩れ落ちていて、
時間が悪かったら、大変なことになっていたとのことでした。


今回、ニュースにもなったまだ上の集落は、

まさか山が崩れるなんて思いもしないようなところで、


地の人もびっくりしていたようです。


その集落に入るための川沿いの入口が
完全に川に落ちてしまい、
夫達も消防も救急も、
歩いて入るしかない状態。


家は山に押し潰され、
重機が入れないので、
作業が難航しています。


今日は我が家も断水になり、
予めお風呂場と飲み水の確保はしておき、
備えました。

昼前には地区の役員さんが、
非常用の飲料水を持ってきて下さいました。


夫は帰ってから1時間ほど休憩の後、
また明け方から昼2時頃まで出動し、

やっと休むことができました。

夕方、雨も上がったので、市内の様子を把握しに、
そして、お米を足しておきたかったので、
買い物に出ましたが、

とにかくあちこちで
道路が川に落ちたり、土砂崩れで、
通行止めばかり、
行った先のスーパーでは
お弁当類が完全になくなっており、
洗い物を出したくないのは
どこも同じだなと思いました。


コンビニならまだこの辺りは
断水にもなっていないしと
入ったら、そこもなし。

結局ファミレスで食事することになりました。

帰りも自宅まであと数分のところで、
通行止めになっており、
また1時間ほどかけて、
Uターンすることに(T-T)

でも命があるのは
本当にありがたいと思いました。

3月の地震で被災された方の
辛さや今も続く不便さを改めて思いました。

これから、後の作業が大変だと思われますが、
知恵や力や勇気を合わせて
元に戻していきます。


消防団員の嫁として、
消防団って、
ホントにボランティアみたいなものだと
常に思いますが、

でも一人の力は大きい。

訓練もあって、大変だし、
最近は入団する人が少ないそうですが、

自分の住まう愛する場所を
我が手で守るのは
当然だと思うし、

夫達が守ってくれていると思うと

とても心強いです。
息子にとっても自慢の父です。

ただ、ホントに命だけは捧げないでほしいと
いつも願います。


それから、今回のことで、
過疎地だけではないですが、
防災を行政も市民ももっと
リアルに考えないといけないと思いました。


避難勧告が出ないから
=避難しなくていい
のではなく、

判断が的確にできるよう、
なかなか難しいかもしれないけれど、
ひとりひとりが高い意識をもてないと意味がない。

意識を持っていても、
有事につかえないこともある。


こういった災害で孤立してしまう
集落があることを、
あらゆる方向から把握して、
対処できるようにお願いしたいです。


都会であっても、
ゲリラ豪雨などで、床上浸水や
道路冠水になったり、

万が一、そういう事態に出くわした場合、

自分はどう動くのか、


例えば、冠水しても、
車で窓を開けておけば水は中には貯まらないし、
逃げることができます。

そういった、シュミレーションを
どこにいても頭においておくとよいかもしれません。


皆さんも、どうか、今一度、
我が事に置き換えてみて下さい。

色んなことが見えてきます。
ラベル:台風 災害 防災
posted by いっぴん堂 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

防災訓練に参加しました☆

今朝は地域の防災訓練でした。

4地区合同での訓練で、
消防本部からは救急隊の方が来られて
心肺蘇生、AEDの方法や
身近なもので骨折の応急措置ができること、
担架の作り方、被災した人を運ぶ様々な方法を
教えていただきました。

私達の住まう地区はお年寄りが多い。

一緒に避難所へ移る際に、そのお年寄りさんたちを
万が一の場合どうスムーズに移動もしくは
誘導できるのか・・・・などということを
事あるごとに考えていました。

息子にとっても我が家は実家が都会に離れているので、
おじいちゃにゃおばあちゃんと一緒に住んでいるわけではなく、
お年寄りというのはどういう人達のことなのか、
自分達はどんなことでお手伝いできたり、
声かけができるのか、
常に話しています。

私は阪神淡路大震災で家が半壊し、
寝ている上から本棚が覆い被さったという
怖い経験をしています。

逃げたくても怖くて身体が動かない
そんな緊急時に、落ち着いて家族を
周りの人達をもちろんわが身を
安全な方法で安全な場所に避難できる術を
いつも考えておかなければならないと思いました。

お年寄りさん達は歩くのも時間がかかります。
パニックになったらもっと大変です。

今回は2回目の講習でしたが、
受けるごとにきちんと自分の中に入っていきます。
そして実際講習で体験すれば
身につきます。

誰もがいつ、どんな時に
人の命を預かることになるかもしれない。

普段から近くの人と関わりをもち、
連携を取れるようにしておくのも
良いと思います。

非常時に備えて、
機会があれば、できれば機会を作ってでも、
救命救急の講習は受けておくのを
おすすめします☆

****************************************

世界に一つの感動ギフト「結び絵」
  ☆全国一律送料無料☆

和歌山県田辺市 合資会社いっぴん堂
 http://www.musubie.com

☆お問い合わせはお気軽にこちらまで↓ 
 0739-33-0193 (9:00~18:00)
 
 4652@musubie.com

posted by いっぴん堂 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

今年も完全無農薬・無除草剤の米はじまりました!

引き続き、お米大好きべっぴん堂ですよ♪

今年で3回目の米作り。
私達はお布団農法という方法で
完全無農薬、無除草剤、肥料は鶏糞や牛糞のみの有機肥料を使い、
無化学肥料で
自分達が口にする分だけを作っています。
・・・と言っても、大阪組3家族で一緒に作っているので、
まったくの素人が何とか自分達の分くらいはって感じです。

米作りが始まるとまずしないといけないのは
昨年稲刈りの後、手入れをして(お礼肥えを撒いて掻いたり)
そのまま冬を越した土をほぐす荒掻きから始めます。

DSC02625.JPG DSC02623.JPG

耕運機を使ってさっくりと掻いていきます。

その間、獣対策に頭を悩ませている防除ネットの補修をします。

年々山には食べ物が無く、
イノシシや鹿、猿、野うさぎ、狸、アライグマなどの
いわゆる獣害はひどくなるばかりです。
土の中のミミズやカエルなどを食べにやってきます。

DSC02629.JPG

川の縁で足元の悪いところもあり、
この日もいっぴん堂は川に落ちましたが、
鹿の足場にならないような所を気にしながら
竹や古パイプを使って補修していきます。

ネットはチーム熊野川のドン、高橋さんが港へ行って
魚を取る網をいただいてきたものを補修しながら使ってます。

お金を出せばなんとでもなりますが、
私達は極力お金に頼らずなんとかしているんですよ〜。

DSC02636.JPG

荒掻きが終わると次は
水を山奥の源泉から引いてきて田んぼに落とします。
ホースで水を回しながら、
代掻きという作業をして田んぼ全体に
水を含ませて滑らかにしていきます。

今年の改良は排水口。
いつもはレジ袋に土を入れたものをぎゅっと詰めるのですが、
今年は板を入れてみることにしました。自然に帰るものを使うに越したことはありませんからね。

息子はその間自分なりに遊びを考えて楽しんでます。

DSC02635.JPG

ね?ちょっと癒し系でしょ?

5月の中旬には田んぼが真っ白に輝きます♪

posted by いっぴん堂 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし3年目から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。